金融ローン会社と
貸倒償却


貸倒償却とは、不良債権を決算処理のうえで、「損失」として処理することをいう。

わが国の税法では貸倒償却は、その処理基準が明確に成文化されてはいない。一般的に税務 当局は、「未収」が発生してから1年以上経過した債権については、償却を認めている。該当する顧客が死亡、行方不明などの場合には、6ヵ月経過した 段階でも償却を認めている。なお、1年あるいは6ヵ月未満の不良債権でも、与信者側が債務者に対し「債権放棄通知書」を発行する場合は、未収の発生時期に かかわらず貸倒償却ができる。


HOMEへ戻る